1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 部位別の特徴・原因
  3. 頭に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

頭に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

神経痛というと何となく腰やひざを思い浮かべますが、実は頭にも神経痛は起きるのです。
ちょっと意外ですが、神経痛が頭痛の原因となっているケースはかなり多いそうです。頭の神経痛とはどのようなものなのでしょうか。

頭の神経痛とは

神経痛は痛みの起こる神経によりいくつかの種類に分けることができますが、頭痛の原因となる神経痛は、後頭神経痛と三叉神経痛が考えられます。

後頭神経痛は名前のとおり、後頭部の神経に沿った形で頭の表面や頭皮に痛みが現れます。

目の奥が痛い、耳の後ろあたりが痛い、髪をとかすと痛い、逆立っている髪を戻すときのような痛みがあるなど、痛み方には個人差があり、肩凝りや耳鳴り、急に頭を動かした時にふらっとするめまいなどの症状を伴うこともあるようです。

一方、顔の神経を司る三叉神経に何らかの異常が生じ、発作的に激しい痛みを生じる病気を三叉神経痛といいます。

三叉神経はその名のように、脳から出た後3つの枝に分れることから三叉神経と呼ばれますが、その第1枝が上まぶたから額、前頭部に分布するため、第1枝に痛みが生じると頭痛と感じるわけです。

三叉神経痛自体は命に関わる重篤な病気ではありませんが、その特徴のひとつに強烈な痛みがあるため、それが原因となってうつ状態になったり、摂食困難になってしまうこともあるようです。

頭の神経痛になってしまったら

一般的に神経痛は体の不調を知らせるシグナルとも言われています。

頭の神経痛の症状が現れやすいのも、疲労や風邪などの体調がすぐれない時の肉体的ストレスや精神的ストレスを強く感じるときといいます。

ですから、その治療方法は基本的に疲れを取り、ストレスを取り除き、心と体を正常な状態に戻すことにあります。

しかし、仕事などで休んではいられないという人には、鎮静剤やビタミンB12剤などを服用するほか、痛みがひどい場合は神経ブロック注射などで痛みを緩和することも考えられます。

また、逆を言えば、頭の神経痛は生活習慣の乱れが原因ともいえるわけですから、日頃から正しい生活習慣を心がけていれば、頭の神経痛は予防できるということになりますね。

頭の神経痛で心配なこと

頭の神経痛は自然治癒することも多いといわれていますが、中には大きな病気が潜んでいる場合もありますので注意が必要です。

たとえば、後頭神経痛に良く似た症状で椎骨脳底動脈解離性動脈瘤というものがありますが、くも膜下出血、脳幹、小脳梗塞などの前兆となるケースもあるといいます。

そのほか、脳腫瘍により三叉神経が圧迫されて三叉神経痛の症状がでることもあるそうです。
また、神経痛と聞くと年配の人の病気と思われがちですが、頭の神経痛は子供の頭痛の原因になることも多いようです。

やはり、少しでもおかしいと感じたら医師の診察を受けるべきでしょう。

なかなか病院へ行く暇がないという方は、病院で診てもらうまでは神経痛の緩和方法を試してみて、それから病院でしっかり診てもらいましょう。

スポンサードリンク

頭に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ