1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 成分紹介
  3. ビタミンB1が神経痛にもたらす効果・効能

ビタミンB1が神経痛にもたらす効果・効能

神経痛のお薬にはいろいろな成分が配合されていますが、必ずと言ってもよいほど含まれているのがビタミンB1です。
実際にはビタミンB1は神経痛にどのような効果・効能があるのでしょうか。

ビタミンB1の働き

ビタミンB1は神経組織の働きを維持していくために欠くことのできない物質です。

というのも、中枢神経や手足の末梢神経の働きは脳によってコントロールされていますが、その際脳は大量のエネルギーを必要とします。

脳のエネルギー源は主にブドウ糖なので、ビタミンB1はこの糖の代謝になくてはならないものなのです。

ビタミンB1が不足すると

したがって、ビタミンB1不足でエネルギーの補給がうまくいかなくなると、脳は中枢神経、末梢神経のコントロールを十分にできなくなり、神経痛をはじめ、中枢神経、末梢神経に関係する体のさまざま部分に障害が現れることになってしまうというわけです。

また、ビタミンB1は体中にはりめぐらされている神経軸の細胞膜に存在し、直接、脳の神経伝達物質を正常値に保つ働きをしています。

そのため、不足するとこの機能が低下してしまい、神経伝導障害を生じ、その結果として多発性神経炎を発症してしまうこともあるそうです。

ビタミンB1の上手な摂り方

ビタミンB1は、豚肉、小麦胚芽や玄米などの穀類、落花生や大豆などの豆類などに多く含まれます。
熱に弱いので、生で食べられものは火を通さずに食べた方がビタミンB1の摂取という意味では有効です。

さらに、ビタミンB1は水溶性なので、長時間ゆでたり、水にさらさないほうが成分は多く残るといえるでしょう。

また、ビタミンB1は糖の代謝を促すので、糖分を摂りすぎるとビタミンB1が不足しがちになりますので、甘いものは控えめに!

このようにビタミンB1は神経痛には重要な成分なのですが、熱に弱い、水に溶けやすい、糖分は控え目になど、自分で意識して摂るようにするには難しい部分もあります。

ですから、医薬品などで効果的に摂取していくのが最適ですね。

もうツライ神経痛を我慢したくない方は必ずチェック

辛い神経痛...
年齢のせいだから仕方がないと諦めてはいませんか?

現在では単なる痛み止めではなく、
痛みの原因に直接働きかける良いお薬がたくさん出ているんです。

でもどの薬を選んでいいのか...?そんな時は

スポンサードリンク

ビタミンB1が神経痛にもたらす効果・効能に関連するコンテンツ