1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 成分紹介
  3. ビタミンB6塩酸塩が神経痛にもたらす効果・効能

ビタミンB6塩酸塩が神経痛にもたらす効果・効能

ビタミンB6塩酸塩は神経痛に効果があると話題になっていますが、具体的にはどのような効能があるんでしょうか?
ビタミンB6塩酸塩の作用や神経痛に対する効果を詳しく解説します。

ビタミンB6塩酸塩って何?

神経痛に効果があると言われるビタミンB6塩酸塩って、どんな成分なんでしょう?

ビタミンB6塩酸塩は、タンパク質や脂質の代謝に欠かせないビタミンです。
神経の機能維持をサポートしたり、髄鞘の生成・修復、神経伝達物質の代謝にも関係しているというビタミンB6塩酸塩。

神経痛を和らげる効能があると言われていますが、口角炎や湿疹、末梢神経炎などが生じている時にこのビタミンB6塩酸塩を補給することも多いんです。

ビタミンB6塩酸塩の作用

ビタミンB6塩酸塩は、新陳代謝をスムーズにするために欠かせない成分です。

ビタミンB6塩酸塩が欠乏すると、肌荒れや口内炎、ニキビなど様々なトラブルに見舞われますが、末梢神経炎や神経痛、筋肉痛、関節痛などを引き起こすことも...。

つまり、ビタミンB6塩酸塩を十分に補給することで、神経痛や関節痛などを和らげる効果が期待できるということです。

ビタミンB6塩酸塩が神経痛に効くわけ

神経痛などの薬にビタミンB6塩酸塩が含まれているのはなぜでしょう?

ビタミンB6塩酸塩には、疲労した末梢神経の機能を高め、細胞 の働きを活発化させ、神経を修復して痛みを緩和するという働きがあります。

こうしたビタミンB6塩酸塩の働きにより、ツライ神経痛などの痛みにも効果を発揮してくれるんです。

ツライ神経痛で悩んでいるなら、ビタミンB6塩酸塩が含まれたお薬を服用すると痛みを緩和できるはずですよ。

スポンサードリンク

ビタミンB6塩酸塩が神経痛にもたらす効果・効能に関連するコンテンツ