1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 部位別の特徴・原因
  3. 顔や目に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

顔や目に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

目の奥が痛む、虫歯でもないのに歯が痛む等々。
理由のはっきりしない顔の痛みを感じたことはありませんか?
もしかしたら、その痛みは三叉神経痛と呼ばれる顔の神経痛かもしれませんよ。

顔の神経痛とは

顔が痛むことから、顔面神経痛と呼ばれることが多い顔の神経痛ですが、実は顔面神経は主に顔の表情筋を動かす働きがあるだけで、痛みを感じる神経はありません。
ですから、顔面神経痛という病気は存在しないのです。

顔の痛みを司る神経は三叉神経なので、ほかの病気がないときの顔面の痛みは三叉神経痛ということになります。

三叉神経は脳から額、頬、顎の3方向に枝分かれして伸びています。この三叉神経に異常が生じて、発作的に激しい痛みが起こるのが三叉神経痛というわけです。

三叉神経痛特徴は、何と言っても発作性の激痛で、患者さんの中には喋ることも食べることもできなくなってしまう人もいるそうです。
特に年配の女性の多く見られ、罹患率は男性の約2倍とも言われています。

三叉神経痛のメカニズム

三叉神経痛の原因は今まで不明とされてきましたが、最近は脳幹から出た三叉神経が周囲の血管に圧迫されるために痛みが起こるという説が有力とされています。

三叉神経痛の発作を引き起こす刺激としては、洗顔や歯磨き、洗髪、食事、会話などで日常的な動作のほか、風や音、光、臭いなど五感に関するものまで様々なものがあげられますが、これらが直接神経を圧迫するということはありません。

それでは、なぜ痛みが生じるのでしょうか?
実は、これらの刺激によって反応するのは、自律神経の交感神経なのです。

様々な刺激がストレスとなり、交感神経の働きが活発になり過ぎると血管は収縮します。
それによって血流が悪くなると、痛みの物質が作られることとなります。

これが三叉神経痛の強烈な痛み生じさせるメカニズムと考えられています。

また、ヘルペスや帯状疱疹などのウィルスや、疲れ目などによっても三叉神経痛が発症するケースもあります。

三叉神経痛になってしまったら

三叉神経痛の発作的に起こる強烈な痛みは、一時的な血流悪化によるものです。
ですから、血管が拡がって血流が元に戻れば痛みは解消されます。

1回の発作も5~20秒位で長くても2分以内と短時間ですが、その痛みはかなりなもので、「顔がえぐられるようだ」、「針をさされているようだ」と表現する人もいるほどです。

あまりの痛さに重篤な病気では?と心配される方も多いようですが、三叉神経痛自体は命にかかわるということはありません。
ただし、症状が繰り返されるようであれば、やはり医師の診察を受けるべきでしょう。

三叉神経の治療には、テグレトールなどを服用する「薬物療法」をはじめ、注射や高周波による「神経ブロック」、三叉神経を圧迫している血管を手術によって直接圧迫を取り除く「手術療法」、ガンマ線を病巣部に照射する「定位放射線治療(γ―ナイフ)」などがあります。

ただし、三叉神経痛は残念ながら完治する病気ではないので、日頃から睡眠不足や過度に疲労しないように気をつけたり、ストレスがかからない生活を心がけるなど、上手に病気と付き合うという姿勢も大切になってきます。

とはいっても、生活習慣を改善するのは簡単ではありません。
このような方は顔や目の神経痛を解消するために、具体的に何をすれば良いのか?

スポンサードリンク

顔や目に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ