1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 成分紹介
  3. コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが神経痛にもたらす効果・効能

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが神経痛にもたらす効果・効能

神経痛に効果があると言われているコンドロイチンですが、実はコンドロイチン硫酸エステルナトリウムという長い名前が正式名称です。
その効能についてお話しましょう。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムって何?

最近、神経痛のお薬の成分としてよく耳にするコンドロイチン硫酸エステルナトリウム。

何か難しそうな名前ですが、ムコ糖の一種で私たち人間の体内にも存在する成分です。

関節を形成する骨の表面を覆う軟骨は、骨と骨との衝撃を吸収する役割を果たしていますが、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは軟骨成分に含まれる成分で、新たな軟骨生成を促進するだけでなく、軟骨への弾力性と保水性を与える効能があります。

そのため、軟骨の摩耗を防ぐ効果が期待できるといいます。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが神経痛に効くわけ

ところが、このコンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、20代頃までは体内で合成されるのですが、加齢に伴い生産量が減少してしまうといいます。

そしてコンドロイチン硫酸エステルナトリウムが不足すると、軟骨への弾力性と保水性を与える作用が衰え、軟骨部分が本来の弾力を失ってクッション機能が失われてしまうのです。

軟骨部分のクッション機能が失われると、骨と骨の隙間ができ骨格がズレてしまい、骨格がズレることで神経を圧迫し痛みが発生します。
つまり、神経痛の痛みを原因から治すためには、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを維持することが必要なわけです。

幸いコンドロイチン硫酸エステルナトリウムは不足しても補うことができる成分ですので、医薬品などを使えば痛みをうまくコントロールすることも可能といえるでしょう。

もうツライ神経痛を我慢したくない方は必ずチェック

辛い神経痛...
年齢のせいだから仕方がないと諦めてはいませんか?

現在では単なる痛み止めではなく、
痛みの原因に直接働きかける良いお薬がたくさん出ているんです。

でもどの薬を選んでいいのか...?そんな時は

スポンサードリンク

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが神経痛にもたらす効果・効能に関連するコンテンツ