1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 部位別の特徴・原因
  3. 首や肩に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

首や肩に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

年齢を重ねるに連れて「いつも肩がこっている」、「首筋が痛い」というような症状を訴える人が多くなってきます。
実は、この痛み、頸椎の老化現象によって引き起こされる神経痛なのです。

首、肩が痛む神経痛とは

首、肩、腕の痛みはいろいろな原因でおこります。
そのひとつが頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)と呼ばれる首や肩の神経痛です。

この頚椎症性神経根症は、加齢により椎間板が弾力を失い、クッションとしての役割が果たせなくなってしまった結果、椎骨と椎骨がこすれ合って変形したり、骨の並び方が変わってしまったことに起因するといわれています。

というのも、この首の骨の変形によって、脊髄から分かれて腕に向かって伸びていく神経根が圧迫されて痛みやしびれが生じるからなのです。

頚椎症性神経根症の主な症状は首や肩の痛みとしびれですが、脳に血液を供給している椎骨動脈が圧迫されると、めまいや耳鳴り、肩こりや目のかすみなどのも症状も現れてきます。

また、首の角度によって血流の量が変化するため、首を後ろへそらせると痛みが強くなり、下に向けると痛みが和らぐといった特徴もあります。

痛みは軽いものから耐えられないような強烈な痛みまで、人によってさまざまですが、上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることも少なくないそうです。

また、首、肩、腕以外にしびれや痛みが出ている場合には頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)の可能性も考えられます。

頚椎症性脊髄症は頚椎症性神経根症と違い神経の塊が圧迫されるため、症状はさらに重く、体の重要な機能が失われる可能性もあるので注意が必要です。

首や肩の神経痛になってしまったら

頚椎症性神経根症は基本的には自然に治癒する疾患です。

ですから、はじめは軽い体操をしたり、温めたり、または安静にするなどして様子をみることもよいでしょう。
しかし、痛みやしびれが解消されない場合は、やはり医師へ相談すべきです。

首にネックカラーを装着することで痛みが寛和されることも多いようですし、鎮痛薬や筋弛緩剤、ビタミンB12などを服用したり、神経根ブロックを行うことによって辛い症状を和らげることも可能です。

しかし、頚椎症性神経根症は治るまでには数か月以上かかることも少なくなくありませんので、痛みが和らいでも、首を後ろにそらさない、無理の体勢をとらないなど、症状が出ないように注意をする必要があります。

また、長時間、同じ姿勢でのデスクワークも症状を悪化させることになりますので控えましょう。

適度なマッサージは血流が良くなり、痛みやしびれが楽になることもありますが、力まかせに行うマッサージやストレッチは逆効果にもなりかねません。

では、首や肩の神経痛を解消するために、具体的にどんな方法が安全なのか?

スポンサードリンク

首や肩に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ