1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 神経痛Q&A
  3. 飲酒すると神経痛が辛くなる...アルコールと神経痛の意外な関係

飲酒すると神経痛が辛くなる...アルコールと神経痛の意外な関係

なかなかやめられない飲酒、少しぐらいは大丈夫と思って飲んだお酒が神経痛の痛みを酷くしてしまうということもあるようです。
アルコールは神経痛にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

飲酒が神経痛に悪いわけ

神経痛で受診をし、医師に飲酒を止められた経験がある方も少なくないはずです。

でも、中には少し飲んだぐらいの方が神経痛の調子がいいという人もいます。
これは、お酒を飲むことにより一時的には血行が良くなり、痛みの症状が一時的に緩和するためなのだそうです。

しかし、アルコールには人体に対する毒性があることも見逃すことはできません。

中でも、飲酒した後に気持ちが悪くなる、動悸がする、頭が痛くなるなどの二日酔いの原因となるアセトアルデヒドは、微量でも強力な毒性があることが知られていますが、このアセトアルデヒドは、筋肉や関節付近の細胞に浸透し、神経を刺激をする働きをするため、飲酒が神経痛の痛みを増幅させる原因にもなりかねません。

神経痛の症状がある場合は、やはり飲酒は自粛するべきでしょう。

過度のアルコールは神経に影響する

さらに、飲酒が過ぎると、手足のしびれや痛み、感覚異常などが症状として現れる『アルコール性多発神経炎』や、筋肉痛、脱力・麻痺といった症状が現れる『アルコール性筋炎』が発症することもあります。

これはアルコール自体の影響と体内のアルコールを分解する時に大量のビタミン類を必要とするためビタミン不足が生じ、抹消神経に障害をもたらすからといわれています。

『百薬の長』ともいわれるお酒ですが、神経痛に限らず、健康を保つためには、飲酒も上手にコントロールしていくことが肝心なようですね。

なお、鎮痛剤を服用している場合は、アルコール類の摂取は禁止となっているので、くれぐれも注意してください。

このように過度の飲酒は神経痛に多大な悪影響を及ぼしますが、なかなかやめれません。
これ以上悪化させないためにも、運動療法食事療法から始めてみませんか?

もしお酒をやめれるのであれば、薬などでビタミン類を補給すると共に少しでも早く神経痛を治していきましょう。

もうツライ神経痛を我慢したくない方は必ずチェック

辛い神経痛...
年齢のせいだから仕方がないと諦めてはいませんか?

現在では単なる痛み止めではなく、
痛みの原因に直接働きかける良いお薬がたくさん出ているんです。

でもどの薬を選んでいいのか...?そんな時は

スポンサードリンク

飲酒すると神経痛が辛くなる...アルコールと神経痛の意外な関係に関連するコンテンツ