1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 神経痛Q&A
  3. 神経痛にはブロック注射と聞くけど一体どんな注射?痛いの?

神経痛にはブロック注射と聞くけど一体どんな注射?痛いの?

神経痛の治療のひとつとして最近よく耳にするブロック注射、即効性があるといわれているだけに、副作用なども心配なところ。
ブロック注射のメリット、デメリットはどんなものなのでしょうか?

ブロック注射とは

「すぐに神経痛の痛みを取り除きたい」といった場合に行われる治療のひとつに「ブロック注射」がありますが、最近多くの方が、その即効性のある鎮痛効果を理由にこの治療を積極的に受けているといいます。

そもそもブロック注射の「ブロック」には「遮断する・防護する」といった意味がありますが、このブロック注射は痛みが激しい場合などに、神経の伝達を遮断して苦痛を軽減するというものです。

具体的には、痛い場所の神経の近くに局所麻酔薬を注入することによって末梢神経や交感神経をブロックし、一時的に神経の興奮を抑え、痛みで傷ついた部位を効果的に治療するという方法です。

つまり、一時的に局所麻酔によって痛いという感覚を取り除いている間に、筋攣縮や血管収縮の緩和を図るということだそうです。

また、現在ではほとんどの場合、局所麻酔薬のほかに抗炎症剤やホルモン剤がプラスされているため、炎症や腫れをひかせ、炎症によって過剰になったアレルギー症状などを抑制する効果も望めるそうです。

ブロック注射のメリット

ブロック注射のメリットは、まずその即効性にあるといえるでしょう。
神経そのものや神経周囲へ注射をしますので、かなり短時間で効果が現れるといいます。

また、薬物療法などに比べて、痛みの部位に直接注射をしますので、副作用などの全身への影響が少ないということも利点としてあげられるでしょう。

局所麻酔薬は数時間も経てば、体内から完全に蒸発してしまうといいます。

ブロック注射のデメリット

しかし、ブロック注射を受ける時はそれなりのリスクがあることも、しっかり把握しておかなければなりません。

神経の近くに注射針を刺すわけですから、絶対に安全ということはなく、神経や血管の損傷によって麻痺やしびれ、あるいは痛みなどが生じるというケースもあるようです。
数ミリ単位の位置調整も必要になることから、医師の技術力が問われる治療といえそうです。

ブロック注射は痛いと言われていますが、それは注射を打つ場所や個人の痛みに対する感じ方によっても大きく違ってくるようです。
かなり痛かったという方もたくさん居るので、一瞬の痛みを我慢するかどうかは個人の考え方次第ですね。

ブロック注射の前に麻酔をかけるケースもあるので、事前に医師とよく相談することをおすすめします。

また、ブロック注射の効果は一時的と言われており、数日から数週間しか持続しないことが多いようですから、しっかり治したい!という方には不向きかもしれません。

どうしても我慢できない痛みなら、まずはブロック注射で一時的にツライ痛みを止めておいて、それと同時に薬でしっかりと神経痛を治していきましょう。

もうツライ神経痛を我慢したくない方は必ずチェック

辛い神経痛...
年齢のせいだから仕方がないと諦めてはいませんか?

現在では単なる痛み止めではなく、
痛みの原因に直接働きかける良いお薬がたくさん出ているんです。

でもどの薬を選んでいいのか...?そんな時は

スポンサードリンク

神経痛にはブロック注射と聞くけど一体どんな注射?痛いの?に関連するコンテンツ