1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 部位別の特徴・原因
  3. 腰や腹部に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

腰や腹部に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

腰や腹に痛みを感じる場合、その原因としてさまざまな病気が考えられますが、もしかしたら、その痛みは神経痛からくるものかもしれません。
腰や腹に生じる神経痛とはどのようなものなのでしょうか?

腰、腹が痛む神経痛とは

年齢を重ねるにつれ、体のあちらこちらに痛みが現れる方が多くなりますが、中でも腰痛の症状を訴える方が目立つようです。

腰痛はさまざまな原因が考えられますが、その代表的なものに椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが原因で坐骨神経を刺激して生じる坐骨神経痛があります。

坐骨神経は、腰部、臀部から足の末端にかけて太く、長く伸びているため、腰痛にとどまらず、大腿、ふくらはぎ、かかとやくるぶし、足のうらの方までと腰から下の広範囲に痛みやしびれが伴うことも少なくありません。

一方、腹部の神経痛として考えられるのが肋間神経痛です。
肋間神経痛は、肋骨に沿うように胸、腹、腰の上部に延びる肋間神経が何らかの原因で圧迫されて、発作的に痛みが生じるもので、疲労、ストレスなどから突然発症する絞扼神経症と帯状疱疹ウイルスが主な原因といわれています。

また、椎間板ヘルニアで、痛みが強くなりすぎて範囲が広くなり、腰痛、坐骨神経痛からわき腹痛まで起こすことがあるほか、生理痛が重い女性の場合、腹痛に加え腰痛、坐骨神経痛も発症するなど、神経痛が腰部と腹部に同時に起きるケースもあるそうです。

腰、腹が痛む神経痛になってしまったら

腰や腹の神経痛と疑われた場合の自己対策としては、半身浴をしたり、積極的に体を温めるような食事を取るようにするなど、体の保温を心がけるとともに、適度に運動して筋肉をつけることなどが考えられます。

また、寒くなる時期には服装や室内と室外の気温差に配慮することも重要になってきます。

しかし、神経痛が疑われる場合、自己判断で様子を見るより、早期に病院を受診する方が、より軽く、より早く改善することが期待されます。

また、胃や十二指腸の潰瘍、肝炎・すい臓炎、腹膜炎や、腫瘍・ガンなどの重篤な疾患や子宮内膜症などの女性特有の病気も考えられるほか、腰や腹が同時に痛む場合、腹部大動脈瘤や腎盂腎炎などの疑いもあるなど、素人判断では危険な場合もあります。

「神経痛だから」と軽く考えず、軽い痛みでも何日も続くようなら我慢しないで医師に相談することをおすすめします。

病院へ行った方がいいのは分かってるけど、すぐには行けないという方も多いでしょう。
そういった方は、とりあえず神経痛を緩和する方法で様子を見て、それから病院へ行くというのも良いですね。

スポンサードリンク

腰や腹部に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ