1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 神経痛Q&A
  3. 病は気からと言うけど、ストレスで神経痛になることはある?

病は気からと言うけど、ストレスで神経痛になることはある?

神経が損傷を受けて起きる神経痛とストレス、一見全く関係がないように思えますが、実は密接な関係があるといいます。
肉体的にも、精神的にもストレスをためないこと、それが神経痛の予防につながるといいます。

ストレスと神経の関係

ストレスが溜まると体のあちこちに様々な症状が現れることはよく知られていますが、神経痛も例外ではありません。

神経には、運動指令を全身に伝える運動神経、感覚器官に生じた刺激を中枢へ伝達する感覚神経のほかに、意思とは無関係に生命活動を支配する自律神経がありますが、ストレスはこの中の自立神経に主に影響を及ぼすといわれています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時に働くのが交感神経で、休息している時、リラックスしている時、眠っている時に働くのが副交感神経です。

この二つの神経がバランスよく働くことにより、人は健康を保つことができるわけです。

ストレスが神経痛を引き起こすメカニズム

ところが、強いストレスを感じ、交感神経が優位な状態が続くと、体を休息させる副交感神経が十分に働けなくなってしまうのです。

そして、交感神経ばかりが働くと、筋肉が硬くなって血流が悪くなるため、疲労物質や老廃物がたまり体に不調をきたします。

そして、その不調がさらにストレスとなるといった肉体的かつ精神的な悪循環の繰り返しが、神経痛などの症状を引き起こすことになってしまうそうです。

一般的に、神経痛は、不調を知らせる注意信号とも言われています。
原因が不明確な特発性神経痛も多く、中にはストレスにより神経痛を起こしたというケースも少なくないといいます。

ストレス以外にも身近なものでは天気や気圧入浴更年期障害なども関連しています。

神経痛になるとその痛み自体がストレスになってしまうため、神経痛を引き起こしたストレスの原因追求と共に、今ストレスになっている神経痛をしっかり治していきましょう。

スポンサードリンク

病は気からと言うけど、ストレスで神経痛になることはある?に関連するコンテンツ