1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 神経痛Q&A
  3. タバコを吸っている人は神経痛になりやすい!?神経痛と喫煙の関係

タバコを吸っている人は神経痛になりやすい!?神経痛と喫煙の関係

タバコはストレス解消のひとつだから・・・。
そんな理由から喫煙を続けているあなた。
実は、タバコを吸わない人よりも辛~い神経痛になる可能性が高いということをご存知でしょうか?

神経痛とタバコの怖~い関係

「百害あって一利なし」、愛煙家にとっては耳の痛い話が次々と取りざたされている昨今ですが、神経痛の問題においてもそれは例外ではありません。

一見、神経痛とタバコではなんら関係がないように思われがちですが、実は喫煙者はタバコを吸わない人に比べて1.2倍以上腰痛になりやすいというデータがあるといいます。

1日の喫煙量によっても変化しますが、数が多ければ多いほど当然確率は高くなっていきます。

喫煙が血流を阻害する!

喫煙が血管を収縮させることはよく知られているところですが、これは、自ら血液循環障害をつくっているようなもので、抹消への酸素や栄養が届けられなくなり、筋肉の萎縮を生じさせているのです。

それによって血流が滞り、疲労物質が蓄積されやすくなることから、神経痛の悪化にもつながってしまうということになるのです。

椎間板に大きなダメージを与えるニコチン

また、タバコに含まれているニコチンには、椎間板の弾力を奪うということもわかっています。

椎間板は背骨を構成している椎骨と椎骨の間にあるもので、クッションのような役割を果たしています。
この椎間板はコラーゲンが主成分の軟骨ですが、ニコチンは椎間板の形成に必要なコラーゲンを破壊してしまうほか、コラーゲンをつくるのに必要なビタミンCまでもを破壊してしまうのため、椎間板の主成分であるコラーゲンの生産が追いつかなくなってしまうのです。

このため、少しの衝撃でも椎間板が損傷しやすくなり、坐骨神経痛の原因ともなる椎間板ヘルニアになる確率も高くなると考えられているそうです。

禁煙することにより椎間板は回復する可能性もあるといわれていますが、そう簡単にやめれないのがタバコですよね。

そういった方は、きちんと効果が認められた医薬品などで、軟骨成分を補ってあげたり、血流を改善させたり、せめて痛みだけでも緩和させたいですね。

もうツライ神経痛を我慢したくない方は必ずチェック

辛い神経痛...
年齢のせいだから仕方がないと諦めてはいませんか?

現在では単なる痛み止めではなく、
痛みの原因に直接働きかける良いお薬がたくさん出ているんです。

でもどの薬を選んでいいのか...?そんな時は

スポンサードリンク

タバコを吸っている人は神経痛になりやすい!?神経痛と喫煙の関係に関連するコンテンツ