1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 神経痛Q&A
  3. 神経痛を体の内側から治す!神経痛の症状に効果的な食べ物とは?

神経痛を体の内側から治す!神経痛の症状に効果的な食べ物とは?

神経痛の辛い痛み、どうしても薬に頼ってしまいがちですが、それだけで本当いいのでしょうか。
神経痛に効果があるとされている食べ物を積極的にとることによって、痛みの改善を図ってみませんか?

神経痛には、まず血行促進効果のある食品を!

神経痛は原因が特定できる症候性神経痛と、原因が不明の特発性神経痛の2つに大別されます。

もちろん、原因の判明している症候性神経痛は根本的治療をすることは可能です。
しかし、原因がわからない特発性神経痛は、痛みの緩和という対症療法しか方法がありません。

そこで、神経痛を体質的に根本から治していこうとする食事療法には、大きな期待が寄せられるところです。
まず注目したいのは、血行促進に効果のある食べ物です。

神経痛は神経周辺の血管が圧迫され、血流が悪くなることにより痛みが生じるため、ビタミンAやCの働きで血行促進に効果のある緑黄色野菜や、血行促進を促すEPAやDHAなどが豊富に含まれている青魚、そして血行促進が期待できるビタミンEが豊富に含まれているゴマやナッツ類などが、神経痛に効果的な食べ物といえるでしょう。

末梢神経の修復にはビタミンB12

さらに、神経痛は脳や脊髄などから全身に張り巡らされている末梢神経が傷つけられることでも生じることから、末梢神経の傷を修復する作用があるビタミンB12を含む食べ物も高い効果が望めます。

ビタミンB12を多く含む食べ物としては、しじみ、あさり、牡蛎といった貝類、牛・鶏・豚といった肉類のレバー、いわし、サンマ、にしんといった青魚、そして、イクラやタラコなどがあげられます。

体を温める食べ物が症状悪化を防ぐ!

また、神経痛は体を冷やすことにより症状が悪化するため、体を温めると言われている、いわゆる香味野菜のネギやニンニク、ショウガなども積極的に摂ると良いとされています。

一方、神経痛に悪影響を与えるとされている動物性たんぱく質、刺激性のある食品、酒類、煙草などは可能な限り避けることも大切といえるでしょう。

このように、神経痛に良いと言われている食べ物はたくさんありますが、これらばかりを食べるのは健康上の問題も出てきますので、他の神経痛の緩和方法と併せて効果的に対策していきましょう。

スポンサードリンク

神経痛を体の内側から治す!神経痛の症状に効果的な食べ物とは?に関連するコンテンツ