1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 神経痛Q&A
  3. 梅雨時に辛い神経痛...神経痛と天気・気圧の不思議な関係

梅雨時に辛い神経痛...神経痛と天気・気圧の不思議な関係

「季節の変わり目や梅雨時は神経痛の症状が悪化する」といった話を聞くことがよくあります。
中には天気予報士さながら、神経痛の調子で天気をあてる人もいるとか。
果たして神経痛と天気や気圧にはどんな関係があるのでしょうか?

神経痛と気圧の関係

神経痛に悩む方々の経験談などで、昔から季節や天気との因果関係が問われ続けている神経痛。

解明されない部分も未だ多いようですが、動物実験などで、そのメカニズムが徐々に明らかにされてきているそうです。
その1つが、温度と気圧の変化が副交感神経と交感神経に大きく影響するということです。

天気が悪い時はたいてい気圧が低下しますが、その時、人間の体内ではヒスタミンという物質の分泌が増えることがわかってきました。

ヒスタミンには血圧を急に下げる、血管を拡張させる、炎症を起こすといった作用があるほか、交感神経を刺激するという働きがあります。

交感神経は、関節や筋肉の周辺で、血管を収縮させて神経を過敏にさせるという働きをすることから、痛みを強く感じることになるというわけです。

また、気圧が下がることにより、身体の各部が大気を押し返す力が強くなり、体が少し膨張します。

当然体の内部でも膨張が生じますが、神経痛は、神経が骨や関節などの組織に圧迫されたり、当たって痛むことが多いので、その圧迫が激しくなるために痛みが増幅されてしまうのだそうです。

神経痛と湿度の関係

さらに、雨が降ると湿度が上がりますが、湿度が上昇すると発汗がスムーズに行えず、身体の水分代謝を滞らせる原因ともなります。

それによって体がむくみやすくなり、血行を悪くなることから疲労物質が蓄積されやすくなってしまいます。

そのため、毎年、梅雨時には神経痛のために受診する患者さんが増加するといいます。

神経痛と温度の関係

また、温度が下がると血管は収縮するため、筋肉をこわばらせ、神経痛の患部へも強く影響するそうなので、寒い日は1枚多く着込む、空調の温度をうまくコントロールするなどの工夫することも、神経痛の痛みと上手につきあっていく方法なのかもしれませんね。

天気や気圧など様々なことが神経痛には関わってきますが、他にも身近なものとしてストレス入浴更年期障害なども関連してきます。

このように神経痛との関連性が解明されつつありますが、天気や気圧は自分ではどうにもできないので、ツライ神経痛を緩和するには何らかの対処をしなければなりません。
まずは、自分で簡単にできる緩和方法から始めていきましょう。

スポンサードリンク

梅雨時に辛い神経痛...神経痛と天気・気圧の不思議な関係に関連するコンテンツ