1. 神経痛に効く薬はコレだTOP
  2. 部位別の特徴・原因
  3. 手足や指先に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

手足や指先に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法

指先がしびれる、腕が痛い・・・等々。
たいしたことがないとそのままにしていませんか。
原因不明のその痛み、意外なところで神経の異常が起きていることが原因かもしれませんよ。

手足に出る神経痛とは

痛みやしびれという症状が出る神経痛。
これは、血流が悪くなり、神経が圧迫され、神経への栄養分がうまく運ばれなくなり痛み物質が発生するためといわれています。

手足の神経痛ももちろん同様です。
ですから、手足の神経痛も腕や手足に原因があるというよりは、首や肩、腕、肘、腰などから続く神経のどこかが圧迫されるため、手足や指先に痛みやしびれが生じると考えられます。

たとえば、首の骨の周りに異常がある場合は、変形性頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアで神経が圧迫されて痛みやしびれが発症するというわけです。

首から腕の付け根にかけの神経が圧迫される胸郭出口症候群は、なで肩の女性に多く発症するといわれています。

また、肘の内側で神経が圧迫される肘部管症候群や、手首で神経が圧迫されて起きる手根管症候群では、特定の指に痛みやしびれが生じます。

一方、足に出る神経痛として最初に考えられるのは坐骨神経痛です。

片側の臀部、大腿の後面、ふくらはぎ、かかとやくるぶし、足の裏の方までと、足の広範囲に痛みやしびれが現れますが、これは坐骨神経が臀部から足の末端にかけて、太く長く伸びている神経だからなのです。

坐骨神経痛の原因は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの腰にある場合が多いとされていますが、突然痛み出すという突発性の場合も多くみられるようです。

手足の神経痛で気をつけたいこと

ところで、案外軽く見られがちな手足や指先の痛みやしびれですが、なかには悪化して歩けなくなってしまったり、寝たきりになってしまうというような方もいらっしゃるようです。

また、神経痛の症状の裏側には、重篤な病が潜んでいるケースも多いそうです。

たとえば、肺がんで腕の神経痛が起こっていたり、排尿障害になってしまったり、脳梗塞などの中枢系の病気の可能性も考えられるといいます。

「年のせいだから」、「そんなに酷くないから」と安易に考えず、症状が出たら初期の段階で是非一度専門医に相談することをおすすめします。

すぐには病院へ行けない!という方は、とりあえず神経痛を緩和させる方法を試してみて、時間ができたらなるべく早めに病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

手足や指先に起きる神経痛の原因・特徴とその対処方法に関連するコンテンツ